モジモジ君

2018/07/06

http://jp.youtube.com/watch?v=bVdcugi-KLk&fmt=18
×YMO。ワロタwwww

みなさま、こんばんは。
いつもアクセスありがとうございます。
 
ぽかぽかあたたかくて、お出かけ日和の気持ちのよい一日でした!
いかがお過ごしですか・。
 
11月12日は、いい皮膚の日 です。

f:id:ouvea:20161112211935j:plain

美肌を決める5大要因
1.水蒸気密度
2.日照時間
3.生活習慣
4.肌荒風
5.毛穴熱風

www.pola.co.jp

一流の エステ・ビューティを予約するサイト「えつらく」

eturaku.jp

 

ある時期、人を殺す夢を頻繁にみていたことがあった。

僕には殺したいほど憎んでいる人はいない。僕自身が誰かに殺したいほど憎まれている可能性は否定しないけど。

f:id:kun-maa:20160914221247j:plain

 

もちろん僕は人を殺したことなんてないし、本物の銃だって撃ったことがない。

なんであの頃は人を殺す夢ばかりみていたのだろうと不思議に思う。

 

殺しの方法はたしか3種類くらい。

銃で撃ち殺すこともあれば、背後からナイフで喉を掻き切ることや石で殴り殺すこともあった。

 

さっきから「人を殺す夢」って書いているけど正確にいうと、実は僕が殺していたのはいつも自分自身だったんだ。

死体の顔が自分自身であること知って恐怖で目が覚める。

嫌な汗と喉の渇きと耳の奥に響く動悸。

 

まるで漫画みたいだって思うかもしれないけど本当の話。僕は僕自身を夢の中で何度も何度も殺していた。

夢診断や夢占いの類は全くわからないし、なんだか調べることそのものが怖かったから自分を殺すという夢の意味していたものがなんだったのか今でも僕は知らない。

 

ほとんど忘れてしまったというのに、背後から頭を押さえて首にナイフを滑らせた時の感覚と噴き出す血飛沫、頭蓋骨が石の重みと振り下ろした腕の勢いで陥没する感触は不思議と今でもまるで現実のことのように思い出すことがある。

 

他の誰でもなく自分を殺すということ。

あの頃夢の中で僕が殺したかったものは、壊してしまいたかったものは一体何だったのだろうか。

 

人を殺す夢をみなくなって久しい。

僕はあの夢をみていた頃よりも幸せなのだろうか。少なくとも嫌な汗と恐怖で目が覚めることはなくなった。

 

僕は自分を殺す夢をしばらくみていない。 

君を壊すのは

君を壊すのは

  • syrup16g
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly  

丸香好きすぎだ自分

しかも新聞に挟まれてこんなのがいたら、ほんの少しだけ世の中が平和になるよね。


f:id:hibi-mae:20161111010448j:image

20150810143548

私が断捨離を始めたのは、「断捨離をしたら人生が変わるかもしれない!」と直感的に思ったからです。でも、どうしても断捨離をしないといけないという状況ではなかったから、最初のころはそんなに断捨離に力が入っていませんでした。

 

ところが、嫌でも断捨離に本気になる事件が起きたのです。

 

引っ越しが多くて電化製品をため込んでいた

私は引っ越しが多く、ガスコンロをプロパンガス用と都市ガス用の2台もっていたり、使っていない炊飯器を持っていたりと使っていない電化製品を多く持っていました。一人暮らしの時期は貧乏暮らしだったから電化製品はかなり貴重品で、結婚をして夫と暮らし始めてからも、その貧乏性が抜けず、使っていない電化製品を持ち込んでいました。

 

今思えば、それがいけなかったんです。

 

スポンサーリンク

 

ガスコンロで虫が繁殖

ガスコンロは使用済みなので、油が付いたままです。その油は虫たちの栄養になるようで、ガスコンロが虫の繁殖場所になっていました・・・。皆さんご存知の、黒光りしているあの虫です。

 

それに気が付いたときは本当に驚愕で煙で虫を駆除するグッズをすぐに使いましたが、使いもしない電化製品をいつまでも置いておくからこんなことになったんだと反省し、すぐに粗大ごみ回収の電話をしたのでした。

 

虫ゼロの家にするために断捨離が加速

虫が繁殖してしまったガスコンロなどの電化製品を処分しても、他にもモノがたくさんあって、虫が隠れている可能性もあるかもしれないという恐怖があり、とにかく、虫がいないかどうかすぐわかるような、すっきりとした家にしようと決心しました。

 

それからは、断捨離が加速し、虫がいないかどうかすぐに確認できて、探し物がゼロになるまでモノを減らすことができたのです。

 

強烈な動機がないと断捨離に本気にならないのかも

いらないモノを減らしたいと漠然と思っていた時はなかなか断捨離に本気になれていませんでしたが、「虫が繁殖した」という強烈な体験が、私を変えたのだと思います。人は何か強い動機がないと新しいことを頑張れないモノなのかもしれません。逆に、強い動機があれば何でもやってのけてしまうのかもしれないなと悟った出来事でした。

 

もう虫が怖くてモノは増やせません^^;

 

スポンサーリンク

 

■こちらの記事もどうぞ

・【持っている服全部公開】少ない服で暮らす私が持っている服は全部で9着。全部集めてみました! - ひつじ日和

・美容院のトリートメントをキープしたい!自宅でのトリートメントのコツ。 - ひつじ日和

・【断捨離が続かない人向け】断捨離を続けるための2つのヒント。 - ひつじ日和

・【断捨離で挫折しない方法】毎日10分、いらないモノを探す習慣を作る。 - ひつじ日和

・やる気が出ないときに効果のある3つの方法。 - ひつじ日和

  

 ■お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

ジェラトーニ:「見て!!バイト先の方にチョコもらえたよ!僕のチョコ〜♪」

f:id:pinkstrawberryflavor:20160502011626j:image

ジェラトーニ:「僕の顔が彫ってある!(≧∇≦)」

f:id:pinkstrawberryflavor:20160502011130j:image

ハムちゃん:「いいなぁ!自分のチョコ作ってもらえるの〜!!!私もおまんじゅうとかクッキーのキャラクターになりたい!」

モモンガちゃん:「ハムちゃん、自分がおまんじゅうみたいだもんね!タコ君はお店の看板によく登場してるよね!いいなぁ〜」

f:id:pinkstrawberryflavor:20160502013242j:image

ハムちゃん:「モモンガちゃん!!あれはたこ焼き屋さんなの。。。」

f:id:pinkstrawberryflavor:20160502013255j:image

ジェラトーニ:「包み紙も僕!!壁に貼るよ〜♪故郷のディズニーシー行きたいなぁ!!」

f:id:pinkstrawberryflavor:20160502011145j:image

1日1ポチしていただけるととっても嬉しいです♪

↓ ↓ ↓


人形・ぬいぐるみランキングへ

ブログランキングの一度したポチ、一週間後にはなくなっちゃうんです。。。

いつもポチ!ありがとうございます♪

ちょっとダークなネコちゃんラインスタンプ販売中♪

f:id:pinkstrawberryflavor:20150626231246j:image

もしっ!気に入っていただけましたら♪是非!使ってください(≧∇≦)
「ダークなピンクにゃん」
かわいさを最大限に利用するダークなねこちゃんスタンプ。おしゃれとお菓子とねずみのぬいぐるみが大好きな猫ちゃんで、りすのようなモフモフしっぽがトレードマーク。
ストアURL↓
http://line.me/S/sticker/1093762

いつもコメントくださるポンポコさんのブログをいつも拝見させていただいてるのですが、シンプルライフやスローライフを目指してるわりには、いつになってもそんな実感がなく、日々のことをやるのが忙しく、もうせいいっぱい。なんだか本当に目標が達成されて、ゆったりとした、充実感あふれるそんな日々(って、スローライフ?)が来るのかどうか、ポンポコさんと同じように、迷うこともあるのも事実です。

さて、その、スローライフって何なのか、自分なりに少し考えてみました。

シンプルライフが「無駄な物をそぎ落とす」にわりと重点を置いてるなら、スローライフはスローな何か(例えば、スローフードとか…、つまりは、その人のこだわり?)を実践するために「無駄に時間を費やさない」に重点が置かれている、ような気がします。もちろん、働かなければ食べられないわけで、全てをゆったり生活する意味じゃないってことは、いろいろ考えてゆくうちにすぐに到達する事実です。シンプルライフとスローライフ、いずれにせよ、重なる部分は多いみたいな気がします。


勘違いしてはいけないのは、世間で言われるスローライフになれても、ゆっくり好きなことして過ごせるわけではない、ということ。そう、スローライフは、実は忙しいらしいですよ。
というのは、先日、朝日新聞に出てたエッセイストの玉村豊男さんの記事からですが。
http://www.be.asahi.com/20051217/W11/20051201TBEH0007A.html
beの記事しかWebにありませんでしたが。

けど、私、実際はあんまりスローライフにあこがれてるわけでもありません。今、生活しているところの物を減らして、もっとすっきりさせたいとは思ってますが、スローライフを目指してるかというと、そうでもないんです。もちろん、そんな生活もいいなぁ〜、ってあこがれはしますが。

今の私、以前に比べるときっと(もう既に)スローライフだと思います。過去に仕事してた時は、そりゃもうド田舎で大自然に囲まれてまして、いかにもスローライフして下さい!ってな環境。けど実際は、お客様に星のお話をしてるだけでなく(その時はい〜い感じだけど)、日々の雑事に追われ、イベントの準備、広報活動、質問に答えたり、その都度情報収集も。本当は研究もしたいし(できたんだかできてないんだか)、物書き仕事もいつの間にか締切に追われたやっつけ仕事に…。空気はすごくきれいで星はめちゃくちゃ良く見えたけど、とてもとても、スローではありませんでした。しかも、基本が昼に出勤、夜に帰宅のお仕事だったので、とてもじゃないけど自然な生活リズムではないですよね。結局、とうとう体をこわして退職を決意。

その時に比べたら、朝に起きて、家事もいろいろ大変ではありますが、子供と遊んだり、絵本を読んであげたり。そして、暗くなれば眠るという今の生活。まだまだ子供たちも小さいから、おむつをかえたり、ご飯を食べさせたり、なんてのも、人間が生きる上での自然な営み、という感じです。絶対に、こっちの方がスローライフに近いですよね。ここは星も見えない都会ではありますけど。

だから、今の私の子育て生活がスローライフに近くても、これはこれで「育ててる」わけですから、忙しいに決まってるんでしょう。やれ「育児ストレス」だとか愚痴もここであれこれ書いてますが、子供たちがかけがえのないものだっていうのは、確固たる前提です。

ただ、上で書いた「スローライフは目指してない」っていうのはこのあたりにかかってくるわけでして。つまりは、「以前のように何かお仕事もしてみたい」ということが…。子供たちとのんびりほのぼの♪ もいいですが、今の希望はそういうこと。希望であるのは、時間がまだちょっと許さないわけで、将来は…!?

ということは、今よりもっと忙しくなりたいのかい?>自分
それもふまえた上での将来設計。よくよく考えましょう。まだ時間もあることですし。

油田の在り処

2018/07/03

まさかそんな所から¥が湧いて出てたなんてあらあらまあまあ

今年の流行語大賞候補に「忖度」が入りそうな勢いであるが、カゴイケをデコイにして財務省が逃げにかかっている光景がひどいというか、そりゃ告発もされるわというか、この間に今度は防衛省が逃げにかかっているのがまたひどい感じである。なんだこの国

漫画版発売

異世界薬局(1)
ニコニコ漫画で見ていた人はまぁ、同じなので特段買う必要はないといえばない。
女帝の治療薬を作るところまでなので面白くなる直前で終わる感じが物足りないかもしれないが、ある意味「なろう版」への誘導なのかもしれぬ。

というわけでなろう版のリンクを貼っておこう。
漫画の続きは10話からで、9話までは見なくても問題ない。

日曜日のビックカメラを覗いた

別に土日限定のものはなかった。

高木さんってそんなにおもろいの?

前にパラパラと見たとき「えっ、性格悪くね?」とすぐにブン投げたのだが各所であまりにも評判が良いので再見しなければならないと思っているところである。しかし第一印象が悪いものを見るのはなかなかに歯を食いしばる必要があるものである。